2008年06月24日

腰痛および寝返リについて

またも、腰を痛めてしまいました

いつもは、腰のあたりに重い感じがだんだん拡がっていき、
何日もかけて腰痛が完成するのですが、今回は突然やってきました

昨日の晩、寝がえりを打ったら、いや、打とうとしたら・・・

・・・なぜ、寝がえりは打つのでしょうね
バシッとか激しく寝返る人もいるのでしょうか
確かに、寝相が悪い私の友人は、ある朝、テーブルの下と顔中に血痕が残っていたそうですが

広辞苑をみてみましょう

「寝返り」
 @寝たまま体の向きをかえること。
 A味方に背いて敵方につくこと。味方を裏切ること。
「寝返りを打つ」
 @ねがえりをする
 A味方を裏切って敵方につく。ねがえる。

それぞれの@と@、AとAが対応してますね
これ、混同しちゃったんじゃないでしょうかね

相手に寝返るのは、賭けの一手を打つということですよね
「寝返りを打つ」というのは、そういう意味です

「寝たまま体の向きをかえること」のは
本来は「寝返りをする」というのではないでしょうか

うん、きっとそうに違いない

そんなわけで、寝返りをした瞬間に、腰痛で立ち上がれなくなった私でした


ブログランキングに参加中<==あなたのクリックが一票に!ご協力お願いします

もう1つのランキング <==ついでに、こちらもクリックして応援してください
posted by ラテンでアロハな社長 at 22:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 言葉とコミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
寝返りを打つ理由ですが・・・体の歪みを正すためだそうです。
が・・・顔中に血って言うのは・・・逆効果な気もしますね^^;
Posted by at 2008年06月25日 10:30
名無しさん ようこそ
そういえば、寝るときはいつも右側を向いて寝ているような気がします
起きた時はどうかな、上を向いていることが多いかな
自然に調整しているんですね
Posted by ラテンでアロハ at 2008年06月26日 18:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。