2008年07月02日

社長のタイプ

今日は定例の部長会が開かれました

と、途中で親会社の社長、副社長が来社
会議に参加されました

実は、以前から
「そっちの会社の幹部たちと会いたい。どんな課題を抱えているのか知りたい。」
と言われていたのです

私のミスで今回だったか、次回だったかはっきりしないまま会議を始めてしまい
途中からの参加でした

親会社の社長はとってもパワフルです
とにかくパワフル
機関銃のように言葉が飛び出し続けます
ランボーが機関銃連射してるみたいなもんです

わたしは、ときどき連射することもあるかもしれませんが
ランボーみたいにダーっとつながった弾というほどには、いきません

親会社の社長というのは、私の兄です
まあ、兄弟でもずいぶん違った印象を人にもたれているのではないかと思います

以前、社長の役割は、会社の状況、社長の能力・気質、タイミングなどで
変わるものだと書いたと思います

役割の裏づけの要素のひとつになる見た目も、それぞれでいいと思います
でも、ホント面白いですよ
兄弟全然違うから
(と僕は思っているのですが)


ブログランキングに参加中<==あなたのクリックが一票に!ご協力お願いします

もう1つのランキング<==ついでに、こちらもクリックして応援してください
posted by ラテンでアロハな社長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事な日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102143186
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。