2005年12月31日

じつは、わたくしこういうものです

「気」三部作を書こうと思っていたら、
3つ目 なんだか忘れてしまいました ので
現在のランキング順位は?<==クリックお願いします

以前、コメント欄で約束していた本の紹介です

12/15の記事で、月がきれいだなって書きました

そのときに、月光密売人という仕事ってご存知ですか とコメントをしたのです

正確には、月光をうってはいけないという法律はどこにもないので、
密売でも何でも無いらしいのですが、そのほうが、感じが出るということで、
月光密売人

結構昔からあった職業なんだそうです 中国の古い文献にもあるそうです・・・
日本にもあったようです
とはいえ、昔は、夜の仕事 ふっとした瞬間のきれいな月をうまくきれいに見せるという
サービスが主だったようですが、最近では昼にも営業
つまり、地球の裏側から、瞬時に月光を運んでくるようです

この本には、そのほかの不思議な職業(?)が紹介されています

あまり書き込んでもしょうがないので、初版本の帯のコピーにのっている
紹介される職業の一覧を並べておくことにします

月光密売人
秒針音楽師
果実鑑定士
三色巻紙配達人
時間管理人
チョッキ食堂
沈黙先生
選択士
地暦測量士
白シャツ工房
バリトン・カフェ
冷水塔守
ひらめきランプ交換人
二代目・アイロン・マスター
コルク・レスキュー隊
警鐘人
哲学的白紙商
シチュー当番

どうですか?ふっと頭のコリをほぐすのに、こんな本はいかがですか



『じつは、わたくしこういうものです』
著:クラフト・エヴィング商会 発行:平凡社

もう1つのランキングを<==できれば、こちらも応援してください
posted by ラテンでアロハな社長 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。

面白い本を読んでますね。
最近、仕事絡み意外の本は全く読んで無いので、たまにはいいですね。

今年も宜しくお願い致します。
新年会楽しみにしています。
Posted by 平松 at 2006年01月02日 00:59
あけおめ。ことよろです。
(あえてラテン風に)

新年会の件、日程調整してメールにご連絡させていただきます。

Posted by 平松 at 2006年01月05日 01:22
そうなんです ビジネス書に偏っちゃうでしょ、それも気が付くと、自分の経営理論を文字化しているものに

だから、私は2つ対策を立ててます 基本的にはとにかくいっぱい読むためのものなんだけど
1.月に一度はBOOK OFF 100円コーナーに500円玉握り締めて行きます。よく見ると105円コーナーなので4つしか買えずにべそかきながら帰ってきます
2.ビジネス書でもいいんだけど、月に一度は、いい本が会ったら買う日ではなくて、8冊以上買う日とかを作ります むりやり玉石混交作戦です
Posted by ラテンでアロハ at 2006年01月05日 21:18
↑の1.には笑いました。
やりますねぇ・・・。

思わずコメント返ししちゃいましたよ(笑。
Posted by 平松 at 2006年01月07日 15:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11232420
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。