2006年09月28日

会社の目的は利益か

『会社は誰のために』という本を読みました
ブログランキングに参加中<==あなたのクリックが一票に!ご協力お願いします

キャノンの御手洗会長、伊藤忠の丹羽会長のお二人の対話形式になったものです

御手洗氏は「キャノンの場合」と断った上で企業の使命を4つあげています
1.社員の生活の安定と向上
2.投資家への利益の還元
3.社会貢献
4.先行投資するに十分な資金の確保

そして、そのために利益が必要であると・・・

丹羽氏はこれに同感した上で、会社には永続性が必要であり、そのためにも
利益が必要であると付け加えています

お客様でも、株主でもなく社員を一番に持ってくるところはさすが終身雇用主義をうたう御手洗氏
私も全く同感です

ただ、最初読んだときは、利益という言葉と、目的や存在理由という言葉が、
同じ次元で語られるのに違和感を感じました
対話形式なので、企業の目的といったり、存在価値といったりさまざまな言葉で語られていますが、
共通しているのは利益が企業の目的であるとなっていることです
文脈としては売上ではなく利益だと言っているので、それ自体は納得できるのですが・・・

「誰のために」のあとに続く言葉は一つではないと思いますが、
私は「会社はなんの為にあるのか」「会社の存在意義は」と問われたら
事業を通じて提供される価値と、その拡大再生産と答えます

運送業なら、運んでくれるという価値 それがより便利に早くなること
メーカーなら、製品がユーザーに対して提供する価値 それがより高度にあるいは便利になること

そして副次的なものとして
従業員が日々の糧を得、成長する場の提供や
株主の投資価値を挙げます

会社を人に例えてみましょう
会社の経営資源として挙げられる「ヒト」「モノ」「カネ」(「情報」)は何に相当するでしょう

「ヒト」というのは人体で言えば一つ一つの細胞です
一つ一つの細胞がイキイキ活性化している状態、
1つ1つの細胞が全体に貢献し、全体が1つ1つの細胞に栄養を供給している状態を「健康な状態」
会社で言えば「健全な状態」と表現できるでしょう

「カネ」というのは血液です
血液の流れが止まると会社も「死に体」となります
血液はエネルギーを体の隅々まで供給します
エネルギーの一部は基礎代謝につかわれ、一部は運動エネルギーに使われます

その運動エネルギーで起す行動が「モノ」ではないでしょうか
事業自体から創造される価値です 「運ぶこと」や「製品」です
そしてさらにあまったエネルギーが「利益」だと思います
ある程度の利益の蓄積は、最低限脂肪が必要であると同様に大事なことです

でも、これでは人間はただ生きているだけです
「生き続けて、脂肪を増やすのが人生の目的」では悲しすぎます
人間が生きる目的は・・・と簡単に答えられるものではありませんが
あるときは創造的な活動をし、あるときは感動し、あるときは愛を語る
そんないろんなことがあるはずです

ここで、もう一度御手洗氏の企業の使命を見てみると、
社員の生活の向上・社会貢献・先行投資等が、人間が行う創造的活動だったり、感動することだったりすることが分かります

私の定義とはちょっと違うけれども、少なくとも脂肪が人生の目的ではないようで、安心しました
ちょっと違和感を解きほぐすのに時間のかかる本でした

明日は別の本から「経営資源」について考えてみたいと思います

もう1つのランキング<==できれば、こちらもクリックして応援してください

posted by ラテンでアロハな社長 at 22:21| Comment(5) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人に例える事によって私みたいな経営音痴にも良く分かりました。

でもそう考えると
ウチはヤバイです
死にそうです
体脂肪マイナスです
盲腸です癌です

見習いですが緊急オペします!

でもその前に原因を追究します
そして皆で術式を考えます

入院生活が長いです
早く退院出来る様に頑張ります!


Posted by なきむし at 2006年09月29日 07:18
自論です。

利益とは、社員を守る為、企業を守る為のコストであり経費である。

人件費とは、企業が稼ぎ出さねばならない目的である。



Posted by すーちー at 2006年09月29日 10:14
こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいております。これからも更新頑張ってください。突然のコメント失礼致しました。
Posted by ホームページ制作「ホームページマジック」 at 2006年09月29日 11:53
ええと・・・
一般人には難しいお題と内容です。

でも、一つだけ。

会社の上の方が、どんなに会社や社員のことを想った素敵な考えを持っていても、伝わっていない事の方が多いと思います。
とても素敵な考えだったら、それが社員の方々に伝わるといいですね。

一般OLより。
Posted by ポチ at 2006年09月29日 15:50
なきむしさん ようこそ
人体に例えることで、私も勉強になりました(笑)
人体の回復力を活かすためには、ときにしっかり休養をとることが必要ですが、会社では動きながら回復しなければいけないので、大変です
筋肉をつけるときには、一瞬自分の力以上の力を出すことも必要だし、可能なようです
頑張れ!!

すーちーさん ようこそ
そうですね、人件費を稼ぎ出すということは大事なことです
でもなにかそれ以上のものを目的とすると誇りが持てると思うんです
それが、地域への貢献とか、寄付、文化活動等ではなく、日常の仕事を通じてのものであったら、さらに良いと思っています
「昼間のパパはちょっと違う」という感じでしょうか

ホームページマジックさん ようこそ
また、お時間のあるときに遊びに来てください 突然のコメント大歓迎です!!

ポチさん ようこそ
素敵というほどの考えではないです(笑)
社員に辞められちゃったら、やる気を失われちゃったら、会社はあっという間に死に体になってしまいますからね
明日の記事もご参照頂ければ幸いです
Posted by ラテンでアロハ at 2006年10月01日 07:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24579010
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。