2006年11月18日

私は離婚しています

今年の一月に、私は離婚しています

長めのコメントを頂きました

私が周囲の方に苦しみを与えたということ
そしてまた、この「うわべだけの内容の取り繕いのブログ」(原文のまま)によって今も、
人を傷つけているということ

自分に欠けているものがわかるまでブログを中止するべきだということ
欠けているものが分かったらそれをブログで公開してほしいということ・・・
また、私もしくは私の「彼女」が、その関係のゆえに離婚したという表現もあります

非常に、戸惑っています
私は確かに離婚をしています
生活態度だって決して善良な夫ではなかったと思っています
歌舞伎町で飲み明かし、朝帰りしたことだってあります


ややこしい話なので、コメントを削除しようかとも思いましたが
いい機会なので、私が離婚しているということを、明かそうと、今キーボードに向かっています

彼女とは11年間の結婚生活でした
結婚一年後には息子を授かっています
夫婦間の葛藤は早い時期からありました
「子はかすがい」彼女との結婚生活の破綻を遅らせていたのはまさに息子の存在でした

多感な時期に子供を傷つけたくない
これは彼女にも多分ずっとあった気持ちだと思います

とはいえ、もし離婚したら、彼女は人生の再出発をスタート切る必要があります
息子が理解出来、傷つかない程度に早すぎず、彼女の再出発の時期として遅すぎない・・・
そんなぎりぎりのラインとしてこの時期に離婚したのだと思います

もしかしたら、誰かがコメントで「カマをかけた」だけなのかもしれません
そうだとしたら、ひどいいたずらです
そうだとしたら、まんまと引っかかった馬鹿者です

ですが、いつかお話しする機会が来ると思っていたので書くことにしました

ブログランキングに参加中<==あなたのクリックが一票に!ご協力お願いします

もう1つのランキング<==ついでに、こちらもクリックして応援してください
posted by ラテンでアロハな社長 at 15:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ごあいさつ・こんな私です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も、子供がいながら離婚した身です。
離婚するまでの間、色々ありました。悩みました。我慢もたくさんしました。他人には、言えない事も色々あります。どうしても耐えられず、お互い話し合った結果、離婚にいたりました。
子供には、父親がいない分、淋しい思いをさせてしまうかもしれないけど、離婚せずに無理して前夫と一緒にいて、夫婦喧嘩を見せるよりは、良かったと思ってます。

子供の為にも、私自身が強く明るく生きていこうと思ってます。もしも愛する人ができたとしても、子供第一優先で考えていこうと思います。

社長も、子供に恥ずかしくない良い父親でいてあげて下さいね。
Posted by こあら at 2006年11月20日 22:04
こあらさん ようこそ
そうでしたか ご苦労されたんですね
「子供の為にも、私自身が強く明るく生きていこう」すばらしいことだと思います
子供を犠牲にしてはいけませんが、子供の為に犠牲になることもないと思います
こあらさんがイキイキしていることは子供さんにも大事なことだと思います
「子供に恥ずかしくない良い父親でいてあげて下さいね」ありがとうございます
胸に刻み込みます
Posted by ラテンでアロハ at 2006年11月22日 12:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。