2007年05月25日

研修が失敗したわけ

あ、ぜんぜん落ち込んでないッス 理由が分ってよかって感じッス

昨日は、研修に失敗して落ち込んでいるような文章になってしまったのか
コメント常連の珍さんから、なんだかお叱りのようなコメントをいただいてしまいました

まだ、皆の採点表の集計も終わっていない段階ですが、
私なりの総括をしました

昨日のブログでは時間が変更されることを想定した準備が出来ていなかったと
書きましたが、どうも自分の中ですっきりしていませんでした

今日ずーッと考えていて、なぜ、すっきりしていないのかも
どうしたら良かったのかもわかりました

1時間のスピーチの準備をするときに、同時に50分パターンと40分パターンと・・・
なんて準備することは不可能です

それを、準備できていなかったのが敗因と書いたのが、すっきりしなかった理由です

すっきりしたのは、昨日の本当の敗因は
本当に言いたいメッセージを一言で言えるところまで、煮詰めていなかった
と理解すべきだと考えることが出来たからです

会議でも、講演でも、
「結局何が言いたかったの?」ということがあります

色んなネタを盛り込んでも、それは枝葉の部分です
本物の幹がしっかりしていなければなりません
ところが、枝葉が沢山あると、内容が充実しているように勘違いしてしまうことがあります
その枝葉がきちんと整理されていても です

マインドマップという発想の技法があります
まさに、枝葉のように概念の広がりを記述していく方法です

この方法で注意しなければならないことは
細部のつながりがキレイにまとまっていると木全体がしっかりとまとまっているように
思ってしまうことです

枝葉末節を展開していくときに、中心概念に結びついているかどうかを
しっかり検討することは、とても大事なことですが
枝葉が広がっていく方向性・クセのなかから
「自分の中心概念の置きかたが間違っていないか」を突き詰めることもとても重要なことです

つまり「一言で言うと何なの」にきちんと言葉で答えられるようにしておく必要があったのです
そしてそれが、自分にとってすっきりはまる、自分の言葉になるまで煮詰める必要があったのです

うん、今日も独りで納得してしまいました


ブログランキングに参加中<==あなたのクリックが一票に!ご協力お願いします

もう1つのランキング<==ついでに、こちらもクリックして応援してください
posted by ラテンでアロハな社長 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 言葉とコミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42902877
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。