2007年08月05日

理想を語る

私は理想を語ります

採用面接のとき、私は目を輝かせて理想を語ります

「こんなに楽しい会社なんだ」
「こんなに素晴らしい仲間たちなんだ」
「こんなに意味のある仕事なんだ」

現実に社内で働いている人の一部にとっては、浮いた言葉のように聞こえるかもしれません
残念ながら・・・

2:6:2の法則というのがあります
会社でいえば

モチベーションが高く、会社を引っ張っていこうとして実績も上げている2割
会社の雰囲気のまま、仕事をこなしている6割
会社の方針に反発し、仕事に楽しみも覚えないで、実績も上がらない2割
というのが一般的なところでしょうか

ほかの会社に比べて、この2:6:2の分布はそのままかもしれませんが
それぞれのレベルは高い会社だと思っています

でも、もっともっといい会社にしたい

スーパースターの2割と
高いモチベーションをもつ6割
そして、着実に仕事をこなす2割

こういう会社にしたいんです

私はこうやって理想を語り続けます
折に触れ社員と話す機会をつくっていきます

退社した人、採用試験でタイミング悪く落とされてしまった人から
このブログにコメントが来ます
直接熱いメールが送られてきます

ウチの会社で過ごした時間の喜びを、充実感を語ってくれます
いつの日か、入社できる縁を求めるメールがきます

採用試験で目を輝かせた人たちが
「やっぱり、この会社を選んで良かった」と思えるような
そんな会社になるよう

私のできる役割を精一杯果たしていくつもりです


ブログランキングに参加中<==あなたのクリックが一票に!ご協力お願いします

もう1つのランキング<==ついでに、こちらもクリックして応援してください
posted by ラテンでアロハな社長 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ・こんな私です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。