2005年10月08日

今日から読書週間

次期(第7期)のアカデミーが来週からスタートします。

メンバーの興味の方向性を見て課題本を出していくのですが、
初回はどんな方向に行くか判らないので、こっちも大変

勉強会が終わる時点では、次の課題本を発表しなければならないので
みんなの目が輝いた瞬間や、トーンが上がった言葉を捉えて
頭の中の本棚から「これだっ」というものを提示しなくちゃならないわけです

とりあえずビジネス本で言えば、今話題になっている言葉を議論することが
知的好奇心を刺激しやすいと思うので、本屋で平積みになっているものを
片っ端から読み漁ります。だから今みたいな、アカデミーの期の切り替えの
時には、相当纏め買いするので、本屋にリュックサックで行って腰痛めたりもします。
(多少フィクションが混じっています)

今日読んだのは2冊

あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール』 浜口直太著 明日香出版社
仕事のヒント』 神田昌典著 フォレスト出版

今回は比較的、若いメンバーが多いので仕事入門みたいなタイトルのところから
読み始めました


ラテンでアロハな書評は人気ランキングに?クリックお願いします



まずは
あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール』 浜口直太著 明日香出版社

 うーん、ちょっと好みの別れるところかなと思います。
 少し、考えが古いところがあるんですよね。
 特にアロハな社長の私としては
 「ホリエモンのTシャツは無礼」だとばっさり切られちゃうとどうもね
 あと、良く言われる言葉ですが
 「ギブ&ギブ&ギブ」っていうのが、どうかと思うんです
 自分自身では「テイク&ギブ」の効用をとても感じるので・・
 テイク&ギブについては、また、別の機会に書かせてもらいます
 
 対象者としては、新入社員には役立つ一冊
 アメリカがどうかは知りませんが、日本ではやっぱり学生と企業人は
 ものの見方考え方を、しっかり変える必要があります
 それこそ、六本木ヒルズ社長たちのかっこいいとこばっかり見てたら
 絶対潰されます。一日48時間仕事する覚悟がなきゃ、
 彼らには近づけないんじゃないかな

続いて
仕事のヒント』 神田昌典著 フォレスト出版
 これはホントにヒント集なんです。中谷彰宏的?いや違うな
 レイアウトとしては『シーマン語録』 うん内容もそうかもしれない
 『シーマン語録』って、いろんな経験がある人ほどクスって笑えたと思うんだけど
 この本も、社会経験があまり少ない人だと、ちょっと読み飛ばしてしまうかもしれない
 どちらかといえば、経営者だったり、管理者だったり、経営者の考え方に近づきたい
 そんな人にオススメの一冊です。
  ただ、ま、どうでもいいことなのかもしれないけど、自分がサービス業
 (小売業だとは思ってないです)ので 「お客」っていう言葉遣いが気にかかるし
 全体のトーンも、「利用していただく」というより「売る」だよね
 ま、超一流マーケッターの言葉としては迫力あります

今日は文字数の少ないの選んじゃった、明日からがんばって読まなきゃ



ここまでの内容で気に入っていただけましたら1クリックを



posted by ラテンでアロハな社長 at 22:19| Comment(2) | TrackBack(2) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ギブ&テイク?
Posted by ? at 2005年10月11日 12:06
そうなんです。テイク&ギブなんですよ。
別に「料金先払いでお願いします」とか
そういうことじゃないんですけどね。
今度また、記事にしますので、ぜひ読んでくださいね
Posted by ? at 2005年10月11日 14:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7889516
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

成功者の苦悩・・・
Excerpt: ヤフオク出品情報 神田昌典 成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語 内容に賛否両論あるようですが、僕は好きですよ。 起業する前に読んでおけば、とても参考になります..
Weblog: おまけ付のオンライン古本屋@ビジネス系
Tracked: 2005-10-10 00:38

読書週間
Excerpt: 読書週間読書週間(どくしょしゅうかん)とは、10月27日から11月9日までの2週間にわたり、読書を推進する行事が集中して行われる期間。1924年に日本図書館協会が11月17日から11月23日までの「図..
Weblog: 今月の話題研究所
Tracked: 2005-10-12 11:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。