2008年01月16日

個人面談 三日目

色々な問題が浮かび上がってきています

前回、社長就任時の全員面談の主目的は「私を知ってもらう」為であり、
結果的に聞くより話すことに重心が置かれていたのですが
今回は聞くことに主眼を置いています

聞くことを通じて、二つの期待をしています
一つは普段の私が出しているメッセージがどのように捉えられているのか、
メンバーの自分の言葉で語ってもらうことです
ここで、私のメッセージがどう伝わっているか、途中で遮られていないか、私の伝え方が稚拙ではないか、
私の仕事のできばえのチェックができます

また、話しやすい雰囲気をつくることに気を配って、
メンバーが抱えている問題を自由に語ってもらうよう心がけています
その中で、私に見えない問題点や、メンバーの個性、能力を理解することも期待できると思っています

社長と相対して、会社の問題点をどこまで直言できるか、それは相当に勇気の要ることです
しかし、今回、驚きと喜びを味わっているのはこの点です

想像以上に多くのメンバーが、問題を指摘してくれます
理想は、そういった会話が普段の組織の中で、普段の仕事の中で語られることですが
こういった作られた場であっても話をしてもらうことはとても価値があることだと思います
直接上司に話せないことも、ずいぶん聞かせてもらいました
彼にとってみれば、告げ口のようで辛いことだと思います
その辛さを乗り越えて話してくれることに、とても感謝をしています

捨てたもんじゃないです、ウチの会社は

もちろん、そこまで腹を割ることが出来ない社員もいるということは
トップとして理解しています
全てを、聞き出す能力があるなんて過信はしていません

でも、問題点の一つを話すことができれば、次の機会にまた話すことが出来るようになると信じています
同僚の1人が話をしたことを知って、自分も話してみようと思うメンバーもいると思います
もちろん、真摯に受け止めて、場合によってはトップダウンで
問題を解決しなければ、信頼感も得られず
次の機会はなくなってしまうかもしれません

全員面談をしようと思ったときに覚悟はしています
がっぷり四つに組んで懸命に話を聞こうと思っています

明日は東京での面談です
しっかり聞きに行きます


ブログランキングに参加中<==あなたのクリックが一票に!ご協力お願いします

もう1つのランキング<==ついでに、こちらもクリックして応援してください
posted by ラテンでアロハな社長 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事な日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/78937045
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。