2008年02月16日

さらけだす力

15日は、久々のアカデミー(社内勉強会)参加でした

2回欠席、1回延期があったので、4ヶ月ぶりということになるのでしょうか

アカデミーではいつも750文字程度の文章を書いてくるきまりになっています
いい文章修行になるので、私も参加しています
今回のアカデミーでは「コミュニケーション」に必要な力というテーマで書いています
昨日は休んだ2回分のものとあわせて、3つ書いていきました

そのうちの一つがここに、引用する「さらけ出す力」です


カウンセリングの用語にアサーションという言葉がある。これは「相手の立場や権利を侵すことなく、自分の意見・感情・権利を抑圧せず適切に表現する行動」である(現代カウンセリング辞典)。自らの権利ばかり主張し相手の立場や権利を侵せば、攻撃的な反応となり、感情や権利を抑えて自己犠牲を自らに強いれば消極的な反応となる。これらの反応をせず、自他の権利を平等に尊重し、正直に意見を述べていくことがアサーションである。
良好なコミュニケーションをとるためには、お互いに、気をつかわずにアサーションできることが必要である。そして、さらに深い良いコミュニケーション関係を築くためには、もう一歩進んで、自らを「さらけ出す力」も必要なことだと思われる。
言わなくても対等な関係は築けるが、自らをさらけ出すことによって、より緊密な関係を築けるような感情の吐露、意見の発信、そういったものが、深い関係作りには役立つと思うのである。
アカデミー生諸君には、さらけ出す力をもっと身につけて欲しいと思っている。さらけ出すことは、ときに相手を不快にしたり、傷つけたりすることもあるかもしれない。いや、そこまで行かなくても、議論を振り出しに戻したり、いつまで立っても共通の意見をもてないというようなことはありうるだろう。
そこで、必要なことの一つはアサーションに求められることと同じこと、「自他の権利・立場を平等に尊重すること」である。そして、もう一つは、自他の間にしきりを設けず、互いの意見を戦わせることで、より高次元のアウトプットを求めようとする「渇望感」である。残り期間も少なくなってきたが、諸君にはぜひ、自らをさらけ出しあって深い関係を構築してもらいたい。


これはちょっと固めの文章ですが、硬軟取り混ぜて、色んな文章を書き、読み
意見を交換し合っています


ブログランキングに参加中<==あなたのクリックが一票に!ご協力お願いします

もう1つのランキング<==ついでに、こちらもクリックして応援してください
posted by ラテンでアロハな社長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 言葉とコミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。