2005年10月28日

新解さんの謎

いつのまにか、記事の下のほうに紹介している本が増えているので、紹介しておきます
(その後、レイアウト変更したため、この記事にのみ本のリンクが付いています)

ケータイで見てくれてる皆さんごめんなさい。ケータイからは見えないんです
たまにPCで見てくださいね

(で、もって、色んなとこポチってクリックしてくださいな)

さて『新解さんの謎』平成八年第一刷 おお十年前の本ですな

文章を書くにはやっぱり、辞書が大事です
たった一つ言葉を違えただけで、思いがまったく伝わらないこともあるわけです

で、辞書を引く

うん、最初は引くんですよね、目的の言葉を
すると、たまたま、隣の言葉が目に入って、語彙が広がる
宿題は進まないけど、勉強になって面白い

皆さんもきっと経験あるでしょ こういうこと

「新解さん」とは三省堂の新明解国語辞典のこと

この本では、著者の赤瀬川原平氏が友人のSM嬢(頭文字だそうです)と
もっと積極的に辞書を読み込んでいきます
赤瀬川ワールド好きな人には、たまらない一冊です

続編もでているようですが(なぜか頭文字はSN嬢です)
こちらは2冊目だけあり、より分析が高度になっています

インパクトとしてはこの『新解さんの謎』が強烈です

辞書って読むものだったんですね。ひとしきり笑った後に
ふと、活字や映像というのは、どんなに公平・真実をうたっていても
また、著者が意識していてもフィルターがかかっているものなんだなあと
気付くのも面白い発見です

いきなり、昔の本の紹介で恐縮です

あと、『ザ・ファシリテーター』という本も紹介しています
これは、まだ本屋さんにも並んでいると思いますが
内容は昔の記事フーセンキャッチボールをごらんください
このとき大変参考になった本です

ブログランキング参加中
ここをクリックして投票のご協力をお願いします




posted by ラテンでアロハな社長 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

新解さんの謎/赤瀬川原平
Excerpt: 新解さんの謎/赤瀬川原平 「新解さん」とは人のことではなくて、三省堂の新明解国語辞典のことです。
Weblog: 仮想本棚&電脳日記
Tracked: 2005-10-31 21:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。