2008年04月19日

接客のトンガリ感

近所にできた、お好み焼き屋さんに行ってきました

駅前でチラシをもらったのです

「広島風お好み焼き屋でーす よろしくおねがいしまーす」
で、チラシをみたら
「広島風じゃない!! 広島のお好み焼きです」
と書いていたのは、ちょっと笑ってしまったのですが・・・

なんとなく、控え目な人が配っていたのですね
まあ、良いじゃないですか 頑張ってください

で、チラシについていた「ドリンク一杯無料券」にまんまと乗せられて
やってまいりました

店名にもそそられるものがありました
鉄板焼きベイビー

オリジナルドリンクも「カムカムベイビー」「ベイビーキング」「ベイビークイーン」
お好み焼きの名前も、ピリ辛の「ホットベイビー」、ボリュームたっぷりの「ヤングベイビー」

あははは、なんだかすごい面白い こういうセンス魅かれるなあ

で、いつもの癖でピリ辛を食しました
OKです 十分です
会計も、まあお好み焼きですから、そんなに高いことはありません

さらに面白かったのは、送りだしです
お客様が店をでるとき、近くにいた店員さんと他のスタッフで、こんな掛け合いがあるのです

「お客様お帰りです エブリバディー」「サンキュー!!」

すごい気に入ってしまって、自分の番のときに「サンキュー」と声を合わせてしまいました

こういうトンガリ感っていうのは大事ですね
誰もやってないことをウチはやるぞっていう気合いみたいなもの

よくある「素材へのこだわり」って、それほど来店動機にならないと思うのです

「ハイッ喜んで〜」というのも最初はトンガっていたのでしょうが
どこの居酒屋でもやるようになり、トンガリ感がなくなってしまいました

自分が呑み屋やるときは、どんなトンガリ感を演出しようかな


ブログランキングに参加中<==あなたのクリックが一票に!ご協力お願いします

もう1つのランキング<==ついでに、こちらもクリックして応援してください
posted by ラテンでアロハな社長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 経営・働き方・サービス業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93955436
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。