2008年05月21日

子供と携帯電話

政治ネタは、極力避けてきたのですが

子供に携帯電話を持たせないという流れになってきました
私は、反対します

私の息子に携帯電話を持たせるかどうか、子どもが小学校に移動するときに
妻と議論をしました

息子は、家を出て、バスに乗って、電車に乗って学校に通います
小学生にとっては、ちょっとした移動距離です
そんななかで、何が起こるか分からない
最初は、いざという時のために、GPS端末があればいいと思っていました
そして、テレホンカードを渡して、帰りの駅で、公衆電話をかけさせました

でも、公衆電話が圧倒的に少ないのです
学校の近くの駅には2台しか公衆電話はありません
そこに、みんなが並ぶのです
そんなところで、時間を使うより、GPSも兼ねた携帯電話を持たせた方が
絶対いいと考えました

小学校一年生から、彼は携帯をもって学校に行きました
そしていま、中学生になり、中学校にも携帯を持って行っています

小学校では、特別に申請のあった子どもだけに携帯電話を持たせることが許可されました
中学校では、構内にいる時に電源をOFFにすれば、携帯を持つことを許しています
妥当な決まりだと思います

息子の携帯電話も、一時、通信料がものすごく増えた時期がありました
その時、息子と話し合いました
息子はゲームサイトにつないでいたことを認めました
そこで、携帯電話の使い方について、ケータイの持つ危険性について、料金の限度額について・・・

息子は親の心配をわかってくれました
翌月からは、最小限の請求しかきません
話せばわかることなのです

ときどきメールが来ます 電話も来ます
彼と私をつなぐホットラインです

しっかり大人が使い方を教えてあげれば
携帯を持つデメリットより、メリットの方が大きい
私はそう思っています


ブログランキングに参加中<==あなたのクリックが一票に!ご協力お願いします

もう1つのランキング <==ついでに、こちらもクリックして応援してください
posted by ラテンでアロハな社長 at 22:09| Comment(3) | TrackBack(1) | 雑感 こんなこと考えてます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゆいかさん ようこそ
全部読んでいただいたとは感激です
ゆいかさんちはお母さんブログなんでしょうか
頑張ってくださいね
Posted by ラテンでアロハ at 2008年05月27日 13:50
全くその通り!!って言いたいんです。
この文章を読んで「私も同感!」って思いました。
でも、別の側面からあえて考えてみると…。
実際には、話してもわからない子もいるし、話すら聞いてくれない子もいると思うのです。そう言う年頃と言うか、状況と言うか…
だから、通信料の問題なら、話し合いの余地もあるでしょうが『学校裏サイト』などのこともあり、問題は、大人の知らないところで深いのかもしれません。 「携帯電話は、命の次に大切」だと言って肌身離さず持っている子ども達もいて、今、無くてはならない、コミュニケーションツールである反面、人によっては、人生を変えてしまうほどメンタル面でダメージを与えるものであるのも事実です。少しの時間でも、持たない時間をつくろうと考えあぐねたのかもしれません。
Posted by ☆ゆぅしゃん at 2008年06月04日 00:39
☆ゆぅしゃん さん ようこそ
そうですね、学校裏サイトの問題については「見るな」と簡単に割り切れるものじゃないですよね
ネットの見れないケータイがあってもいいのに、とも思います
Posted by ラテンでアロハ at 2008年06月05日 11:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98080566
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

子供と携帯電話
Excerpt: 教育再生懇が子どもの携帯不所持を促しました。親と子どもたちは、どう携帯電話と向き合うべきでしょうか。参照記事数79。Blogクリップβ(仮称)は「情報資源の有効活用と共有」を目的とした企画です。検索語..
Weblog: 論正の界グロブ
Tracked: 2008-05-29 13:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。